2009年03月12日

アラーキー効果

090312_1435~01.jpg

さっぱり更新していないのに
更新してるとき以上にたくさんのアクセスが…

みなさん目当ては「熊本ララバイ」
どこか大きなメディアが取り上げたのかな?

ちなみに、すでに完売した図録
ヤフオクでは20000くらいの値が。
なんだかちょっと複雑な気分(ワタシは売らないですよー)


ラベル:熊本 アート
posted by asa at 15:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観たり聴いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

「熊本ララバイ」その2

来週でおしまいなので再訪。

母子像はやっぱりジワッとくるなぁ。
被写体のおかあさんのコメントと共に観ると、尚更ジワッ。

会場には赤ちゃん連れの方もたくさん。
おかあさんが観ると、また違った感慨があるんだろうなぁ。

美術館のあとはイラティでランチ。

塩ダラと葱のしみじみ美味しいスープ、
牛ロースステーキブルーチーズ風味、
日向夏とバニラのアイスクリーム。

がっつり食べてしっかり充電。
さぁ、東京戻って仕事だー!
ラベル:熊本
posted by asa at 13:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観たり聴いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

さだ×さど

「題名のない音楽会」の公開録画のことを書いたら、
「さだまさし」で検索して来られた方がかなりおられ、
黛敏郎バナシしかなくてがっかりかと思い・・・


【さだ×さど〜さだまさし大研究】

2月8日(日)放送予定
2月14日(土)BS放送予定
2月15日(日)BS放送予定

M-1「さだまさしヒット曲メドレー」
北の国から・遥かなる大地より〜道化師のソネット
〜精霊流し〜関白宣言

M-2「秋桜」

M-3「明日咲く花」(歌・演奏:セプテンバー)

M-4「青の季節」



メドレーを演奏したあと、
「もう一回あのバイオリンを!」とお願いする佐渡さん。
「めったにニ度も聞けないんですからね!」と言いながら
もういちど「精霊流し」だけ演奏することに。
片付けたバイオリンを大急ぎで持ってくるスタッフ。
完全に佐渡さんのアドリブだったようです。
さて、オンエアではどうなるんでしょう。

最後の「青の季節」は、
オーケストラとの競演ならではの壮大な盛り上がり。
感動的でありました。
posted by asa at 02:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観たり聴いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

黛敏郎サン

生まれて初めて、
テレビの公開録画というのにいってきました。
テレビ朝日の「題名のない音楽会」。
さだまさし特集と黛敏郎特集の2本撮り。


さだまさし。
おなじみのヒット曲を間近で(しかもタダで)聴けておトク。
マシンガントークには、
けっして寡黙ではない佐渡さんも圧倒されていた。


すごかったのが、黛敏郎の「饗宴」。


mayu.JPG

題名のない音楽会の司会者。
辛口。強面。ウェービーヘア。
右寄りのひと?


・・・みたいな印象しかなかったのですが、
50年以上も前にあんな斬新なかっこいい曲つくってたなんて!
オーケストラなのにサックスが5本。
ビッグバンド、アジア音楽、ラテン音楽、雅楽など
さまざまなイメージが盛り込まれたとてもパワフルな曲。

世界的に見ても、
かなり進歩的な音楽家だったのだそうで。
非常に勉強になりました。
曲のモチーフやタイトルを聞いて、
保守派思想に至ったのも腑に落ちる感じでした。

amazonで調べても、
廃盤になってしまっているものがとても多い。
黛さんの再評価のために尽力したいと佐渡さんも言ってたので
今後再発とかもあるかもしれないですね。


↓ちなみにこのテーマ曲も黛敏郎作品。





番組の内容とは別に、
公開録画の仕組みがなかなかおもしろかったです。
カメラの前で司会者やゲストが真剣にトークしてても
映らないとこではスタッフが後片付けしてたり、
番組の構成の都合上、やたらと出演者が出たり入ったり。
演奏会を撮るのではなくて、あくまでオンエア素材の収録。
どう編集されるのかなーと思いながら観てました。

さだまさし特集:2月8日OA
黛敏郎特集:2月1日OA

だそうです。
posted by asa at 22:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観たり聴いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

「荒木経惟 熊本ララバイ」

熊本市現代美術館で開催中。

母子ヌードが中心なのかと思っていたら
「さっちん」や「センチメンタルな旅 冬の旅」、花のシリーズなど
「1時間でわかるアラーキー」といった塩梅の盛り沢山な内容。

順路の最後が、
展覧会のために撮り下ろした母子像シリーズなのだけど、
ものすごくよかった。泣けた。
おかあさんてすごい!人間万歳!みたいな。

モニターで流れている撮影風景の映像も非常によかった。
アラーキーの愛が溢れる幸福な空間。
まさに、撮る側と撮られる側の関係こそが写真。

さっちんと弟のマー坊を撮ったシリーズもよかったなー。
がきんちょ達と同じ目線で向き合ってるアラーキー。

会期中にもう1回くらい観に行きたい。
(二日酔いでぼーっとしてないときに)

この現代美術館の展示はいつも興味深い。
で、そんな美術館を街のど真ん中の
いちばん目立つ場所につくるという市の志。
スザンヌはスザンヌでよいけど、
熊本はもっとこういう面も
全国にアピールしたほうがいいと思うなー。

キャサリンズバー
 改装して広くなったようです。やっぱり儲かってるのね)
posted by asa at 11:24| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 観たり聴いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。