2009年03月05日

ほそ川(両国)

蕎麦好きなひとには超有名らしいお店。

サンタフェな内装にちょっと違和感を抱きつつ、
磯自慢(本醸造)に、にんじん・ごぼう・あなごの天ぷら、
煮凝り、焼蚕豆、生湯葉刺し、ホヤの塩辛・・・
接客のお兄さんたら、勧め上手なんだからもー。
蕎麦前と言ってしまってはもったいないような、
非常にセンスのよいお料理の数々。
お酒が進むーと言いたいところだけど、
仕事途中のためおちょこ一杯もらって我慢。

せいろを2枚。
1枚目と2枚目、ちがう産地のものを出してくれる。
ワタシでもわかるくらい、産地によって味わいがちがう。
なるほど、こういう楽しみ方もあるのね。

〆のデザートも、
お蕎麦屋さんとは思えないほど繊細でラブリー。

インテリアのテイストや、器の趣味の良さも含め、
ミシュランに載るというのは非常に納得。

お酒一合+料理1〜2品+せいろ2枚で4000〜5000円。
軽くお蕎麦というにはちょっと贅沢だけど、
気の利いた日本料理+すごく美味しいお蕎麦と思えば、
実はリーズナブルかも。

次回はぜひ、
平日の昼遅くに窓際の大テーブルで、
煮凝りなんかちびちびつまみつつ、のんびり飲みたい。
帰りに江戸東京博物館にも寄りたい。


posted by asa at 22:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲んだり食べたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。